1. ホーム
  2. ランドセルの基本知識
  3. ≫背カンのスリットに髪の毛が挟まらないようにするには

背カンのスリットに髪の毛が挟まらないようにするには

ランドセルの肩ベルトの付け根の背カンが動けば、隙間に髪の毛が入ってひっかかると聞いたことがあります。どんなランドセルだったら髪の毛が挟まらないでしょうか?

背カンの小さなスリットに髪の毛が挟まる

画像のように、背カンが動けばわずかなスリット(隙間)ができて、髪の毛が入り込んで挟まることがあります。

対策法としては次のようなものがあります。

① 髪の毛を短くする
② ランドセルを背中にピタッとさせる。
③ スリット(隙間)が殆ど無い背カンを開発する。
④ 髪の毛が入り込まないようなパーツを装着する。

ランドセルが背中にピタッとする

髪の毛が背カンスリットに入りにくい

ランドセルが背中にピタッとすることで、髪の毛が入りにくくなります。

背中にピタッとするとランドセルの体感重量は軽くなり、髪の毛も挟まりにくくなります。

スリットの殆ど無い背カンのランドセル

ララちゃんランドセルの背カンは、髪の毛が入り込まないように作ってあります。

髪の毛が入らないようなパーツ

髪の毛が入り込んで困っている場合には、髪の毛が挟まらないためのパーツがあります。

「まもリボン」という製品が以前は販売されていましたが、現在は販売されていないようです。

髪の毛が挟まらないように手作り

布が少しあれば、簡単な縫製で作ることは可能だと思います。