1. ホーム
  2. ランドセルの選び方
  3. ≫小柄な子だからといって小さなランドセルを選ばない方が良いですよ。

小柄な子だからといって小さなランドセルを選ばない方が良いですよ。

小柄な子のランドセルもA4フラットファイル対応

来年の小学校の入学式まであと半年ですが、娘さんの身長はまだ100センチしかないので、A4フラットファイル対応のランドセルを背負うのは無理じゃないかと心配されているお母さんがいらっしゃいました。

もしこのまま4月の時点で身長が100センチ前後だったら、身長の1/3の長さがランドセル(高さが32センチ程度)になるので、少し厳しいかもしれませんが、半年の間に多少は成長するものです。

でもいずれにしても、入学当時は無理であっても、そんなに遠からず成長してランドセルを背負って行くようになります。小学校の間の子供の成長は目覚ましいものがあって30センチ、40センチは身長が伸びるものです。

だからA4フラットファイル対応ランドセルは必要になるので、わざわざ小さなランドセルにして、A4フラットファイルが入らなくて困ることが無いようにしましょう。

最初からA4フラットファイル対応のランドセルを購入するのです。そして4月の時点でとても背負えないと判断したら、ランドセル型のナップザックのような代用できるものを安く購入して一時的にでも使ったらどうでしょう。

いずれ成長するので、小柄だからと言って型遅れの小さなランドセルを購入しないようにしませんか。

小柄な子のA4フラットファイル対応はキューブ型が最適

キューブ型のランドセルを知っていますか。外見はA4クリアファイル対応のサイズでありながら、メインポケットはA4フラットファイルサイズというタイプのランドセルです。

セイバンの天使のはねにも3種類(女の子2種類、男の子1種類)のキューブ型ランドセルがあります。最低限の情報はここに記載しておきますが、他のメーカーにもありますから色々と調べてみてください。

キューブ型ランドセルといっても各メーカーで特徴が違いますから、あくまで外寸が小さめのランドセルを選んでくださいね。

セイバンの天使のはねのキューブ型は外寸がわからないので、他のランドせルで比較してみます。

キューブ型:フジタかばん  外寸:横幅250×大マチ130×高さ330(mm)
内寸:横幅235×大マチ130(最高部)×高さ315(mm)
学習院型:フィットちゃん 外寸:横幅260× 大マチ120×高さ345(mm)
内寸:横幅233×大マチ×120×高さ310(mm)

 

違うメーカーですが、キューブ型と学習院型では幅にして10MM、高さにして15MMの違いがあります。わずかな違いといえばわずかですが、A4クリアファイル対応とA4フラットファイル対応の差と同じぐらいです。

でも多少は違いますよ。大きさだから、横幅×奥行き×高さの違い。つまり容積の差ですから案外あるものです。