1. ホーム
  2. ランドセルの選び方
  3. ≫ラン活2017年度(2016年)*実際に購入したランドセルを300人で調査

ラン活2017年度(2016年)*実際に購入したランドセルを300人で調査

数字とグラフで2017年度に行われた実際のランドセルの購入活動の情報です。ラン活が終了した人の情報ですから、現在ラン活中の人には役立つことと思います。

調査項目

  • 1.ランドセルを購入した月
  • 2.購入したランドセルの価格
  • 3.誰がランドセルのお金を出してるの?
  • 4.ランドセルを購入した場所
  • 5.人気のランドセルの色
  • 6.購入したランドセルの素材

 

ランドセルを購入した月

10年ほど前には、クリスマスやお正月にランドセルを購入するのが購入時期としては一般的でした。それがだんだんと購入時期が早くなり、3~4年前には9~10月、ここ最近ではお盆が購入のピークとなっています。

その背景には、4月になればすぐに新年度のランドセルの予約開始を始める百貨店や、ランドセル専門店が増えてきたことがあります。

結論としては、画像を見るとわかるように、2016年には7月~8月に購入した人が最も多かったようです。

5月~6月に購入している人もいますが、9~10月に購入する方の方がより多いのが現実です。早期販売開始の影響は5~6月に表れているようですが、14%程度に留まっています。

購入したランドセルの価格

ランドセルの価格は毎年上がっているという現状があります。数千円ずつ高額になっているのです。それに見合った機能やデザインの向上はあるのでしょうが、高額でも支払える経済力がある方が多いということでしょう。

20万円という高額のランドセルがあるのは驚き以外の何ものでもありませんが、実際に多く購入されているのは、2万円台から7万円台のランドセルです。

東南アジアで作られたような2万円台のランドセルは、安いからと購入すると実際に保証が受けられるか不安があったり、見えない部分のパーツが省略されていたりいする場合もあるので、日本性以外の余りに安いランドセルはおすすめできません。

300人を調査した結果、2016年のランドセルの平均購入価格は48,120円でした。

 

下のグラフを参考にするとわかるように、5万円~5万9千9百99円の価格帯が最も多く購入されていました。

 

誰がランドセルのお金を出してるの?

ランドセルのお金を出しているのは、祖父母が51%という結果が2~3年前にありましたが、2016年にはどうなったでしょうか。

結論から言うと、2016年には祖父母=母方の親39%+父方の親32%=71%がお金を出していました。51%から71%に増えています。

ランドセルがどんどん高額になっていることと、祖父母世代の経済的ゆとりが背景にあると考えられます。

ランドセルを購入した場所

ランドセルを購入する場所が一番多いのは、一番行きやすい場所の総合スーパーです。
2番めが、インターネットでの購入です。インターネットでの購入が年々増えているのは、殆どが信頼できるランドセルメーカーだからです。

6年保証もあり、丁寧に対応してもらえ、実店舗でも見たり背負ったりできるのという安心感、信頼感からインターネットでの購入が年々増えています。

ランドセルの購入場所

 

人気のランドセルの色

ランドセルの色は毎年大きく変わることはありません。女の子ではピンク系・赤系を中心としてバリエーションが拡がっています。

男の子では、クロや青を中心としてシルバーなどのメタリック系などバリエーションが増えています。

女の子のランドセルのカラーは男の子に比べてかなり種類が多いのは、お洒落の好きな女の子ですから当然でしょう。

女の子のランドセルの色

 

男の子のランドセルの色

 

購入したランドセルの素材

 

人工皮革のランドセルは手入れも簡単ですし(最近の自然皮革も防水性も高いので手入れは楽です)、軽くて扱いやすいので、圧倒的に多いです。

ランドセルを真剣に調べて購入する方は、工房系の牛革やコードバンのランドセルを選択する人が多いのですが、一般的には人工皮革のランドセルが80%近い購入がされています。下のグラフを参考にしてください。

ランドセルの素材